ネイティブアド

service

運用広告ネイティブAD

広告の掲載面に自然に溶け込ませ、"ユーザーにコンテンツの一部として"
見てもらうことを目的とした広告です。
IAB(Interactive Advertising Brueau)が6つの広告フォーマットと条件を定めています。

概要

  • インフィード型

    ユーザーがTwitterへログインした時、またページを更新した際にタイムライン上に表示される広告です。
    通常のツイートと同様に、タイムライン上に新しいツイートが追加されれば、プロモツイートもスクロールダウンされます。

  • 検索連動型

    検索結果画面に、検索結果と同じようなフォーマットで表示される、いわゆる「リスティング広告」のことです。
    Google、Yahoo!が代表的なメディアとなります。
    既存顧客、顕在層向けの施策で、必ず実施したい広告手法です。

  • レコメンドウィジェット型

    レコメンド配信サービスを利用し、レコメンド枠があるサイトで広告が表示されます。
    特定のメディアはなく、ユーザーの興味関心に沿った内容が配信されます。そのため、配信面を指定できません。
    インフィード型と同じく、記事形式にするのが一般的です。

  • プロモートリスティング型

    Amazonや楽天、ぐるなびや食べログなどの情報サイトで、検索結果の上位に表示される広告です。
    掲載メディアが取り扱う業種や商品しか出稿することができません。
    また、検索結果の上位に表示されるので、広告の遷移先はユーザーの目的に応えられるものでないといけません。

  • ネイティブ要素を持つインアド型

    ディスプレイ広告枠内に、コンテンツ型広告を表示するもので、いわゆる「コンテンツターゲティング配信」になります。
    ただし、配信する枠はIABが定めるディスプレイ広告枠の基準をクリアする必要があります。
    GDNで例えると、トピックターゲットやコンテンツターゲット、プレースメントがこれにあたります。

  • カスタム型

    上記5つに当てはまらないものがこのカスタム型となります。
    代表的なメディアはLINEで、LINEスタンプがこのカスタム型に分類されます。
    直接効果を狙うというよりは、ブランディング目的やファンの獲得で使用されることが多いです。

条件

  1. 下記条件に当てはまらないと、広告フォーマットの分類に当てはまったとしてもネイティブアドと呼べません。

  2. 広告掲載面のデザイン

    メディア本体の記事と同じデザインであること

  3. 広告掲載面の機能

    メディア本体のその他の機能と同様のものであること また同じようなコンテンツ体験をユーザーに提供すること

  4. 広告表示方法

    メディア本体の記事と同じデザインであること

  5. 広告配信方法

    メディアの全ページではなく、特定のページやセクションを指定して配信できること

  6. 効果測定方法

    クリック、コンバージョンではなく、エンゲージメントで計測すること

  7. PR表記

    掲載面に広告であることが明記されており、ユーザーが広告と認識できること

メリット

  • ネイティブアドのメリットは、2つあります。
    ①コンテンツとの親和性が高く、興味を引きやすい
    ②ブランディングがしやすい

    コンテンツの一部として配信できる広告で、特に記事形式にすることが多いのでユーザーの興味を引きやすくCTRも高い傾向にあります。
    また、記事を読み進めてもらうことで、商品やサービスに関する理解を深めてもらいやすいことも特徴です。
    ただ、遷移先のページはユーザーが不信感や違和感を覚えるようなものではいけません。ユーザーにとって有益な情報を提供することが大切です。

デメリット

  • ネイティブアドのデメリットは、何と言っても「ステマ」と誤認されるリスクがあることです。
    ステルスマーケティングは、一般的にモラルに反するとされているので、発覚した場合は非難の対象となる可能性が非常に高くなります。
    ユーザーが騙されたと感じないよう、PR表記やコンテンツを充実させるなどが必要です。

料金

  • 配信先媒体により、金額が異なります。
    お客様ごとに最適な配信先をご提案させて頂きます。

other service

page top
contact

PAGETOP